川崎市中原区で整骨院をお探しなら評判の良いよしだ鍼灸整骨院へ
HOME>後遺症について

後遺症について

コンセプト
コンセプト
交通事故の症状
交通事故の症状
むち打ち症

むち打ち症は、正式には「外傷性頚部症候群」や、「頚部捻挫」などといいます。
車での追突事故などの際に、首や背中に衝撃がかかり、 首がムチのようにしなることから生じるので、むち打ち症と呼ばれています。その怪我の度合いも、非常に軽いものから、後遺症を残すものまで様々です。


むち打ち症について

むち打ち症は首の正常な可動範囲を超えてしまうことで、首の関節の靭帯や筋肉が傷ついて、首や背中の痛みなどが現れます。


むち打ち症の原因

車の追突などの交通事故により生じることが多いのですが、体操やスノーボードなどのスポーツによって 起きることもあります。

むち打ち症の症状と分類
交通事故の症状
頚椎捻挫型

首の筋肉や靭帯などが損傷され、首、肩、背中の痛みや運動制限が起きる症状です。


神経根症状型

頚椎から出る神経が圧迫されることにより、首の痛みや頭痛、腕のしびれやだるさ、筋力低下するなどの症状です。


バレ・リュウ症候群型

後部交感神経の損傷や圧迫によって頭にいく血流が低下することで、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、眼の疲労・・・ などが起こる症状です。


※後から症状が出てくることもあるので、まずは診断を受けることをおすすめします。

捻挫

交通事故において、足関節捻挫、背部捻挫、両手首等、細かい関節の捻挫も痛みとしてあらわれることがあります。ただ一般的に他の部位が痛いにも関わらず、頸部や腰部だけみると細かい痛みを見逃すことがあるので当院では細かいところも患者さんの痛みに対して細かくアプローチしていきます。


腰部捻挫
腰部捻挫においてまずチェックするのは可動域のチェックを行います。そのうえで、もし足にシビレ等があったら整形外科的なラセーグテストやブラガードテスト等、症状によって細かく検査を行っていきます。なかには、腰部の奥の方に炎症っぽい症状がある場合外傷に力を発揮しやすい冷却能力の期待できる特殊機器で対応が出来ます。もちろん、足首捻挫や手首捻挫等の場合にも冷却の特殊機器を使用します。
検査
 当院では可動域(ROM)の制限のチェックや整形外科的動作の検査を最初に丁寧にチェックしていきます。もちろん症状によって手足のしびれなどがある場合、治療環境も考え整形外科の診断を受けることをお勧め致します。(当院から歩いて3分位の位置に協力して頂ける整形外科がありますのでご安心下さい。)